Perfect Memento in Strict Sense/Яма

Материал из Touhou Wiki
< Perfect Memento in Strict Sense
Версия от 23:48, 17 марта 2009; Mami (обсуждение | вклад) (Новая: *Назад, на Perfect Memento in Strict Sense ---- {| border="1" cellpadding="5" ! width="45%" align="center" | 地獄の王 ! width="55%" align="center" | Король Ада |...)
(разн.) ← Предыдущая версия | Текущая версия (разн.) | Следующая версия → (разн.)
Перейти к навигации Перейти к поиску

地獄の王

Король Ада

閻魔

Яма

主な危険度:  極高

Обычный уровень угрозы: Крайне высокий

遭遇頻度:   低

Встречаются: Редко

多様性:    低

Число разновидностей: Низкое

主な遭遇場所: 彼岸

Основное место обитания: Хиган

主な遭遇時間: 不明

Основное время активности: Неизвестно

特徴

Характеристики

閻魔は何れも幻想郷に住む妖怪ではないが、稀に幻想郷にも現れるのでここで紹介する。

その昔、今の様に人間が多くなかった頃は転生は確実に行われており、七(追加で三)回(*1)に渡る十王(*2)審判で一回でも合格すれば転生と非常に甘い物だった。

だが、徐々に人間の数も増え、裁判官の人手が足りなくなると、十王全てが当時最も力のあった閻魔王を名乗り、審判を一回だけに減らす事で。深刻だった人手不足を解消した。

また、全国のお地蔵さんから閻魔様の仕事をしたい者を集い、お地蔵さんがあった場所の死者の審判を任せた。

殆どの閻魔様は、古いお地蔵さんである。

今では、閻魔の人数が非常に多くなった為、死神、地獄の鬼と共に地獄の公的組織「是非曲直庁」を作り統制を取っている。

是非曲直庁

Офис Правильного и Неправильного

この組織のトップが、十人の閻魔王である(*3)。

その下には裁判官と鬼神長が居て、各裁判官には数人の死神が付き、鬼神長は数名の鬼が付く。

このうち、裁判官までが閻魔と呼ばれるのである。

まず、死神によって彼岸に連れてこられた幽霊は、自分の住んでいた場所を担当している裁判官の所まで連れて行かれる。

審判は裁判官一人で行われ、死者の意見を聞く事無く(*4)独自の判断で判決を下し、冥界か天界か地獄に振り分けられる。

鬼神長は、地獄に堕ちた幽霊を虐める鬼の長である。

様々な拷問設備が作られているが、現在、財政難により整備は不十分である。

組織の主な収入源は、三途の河の渡し賃、及び中有の道の屋台である。

閻魔の審判

Суд Ямы

生前の悪行が読み上げられ、内容や量によって判決が言い渡される。

一度判決が下されると、覆される事は無い。

判決は、その後の幽霊の行き先が決まるだけであって、よく言われる「嘘を吐くと閻魔様に舌を抜かれる」というのはデマであるが、閻魔様側もそのデマを脅しのネタに使う事が多い。

死者の数が多過ぎる為、審判は流れ作業で行い、非常に簡潔に終わる。

二交代制で絶え間なく審判が行われ、休みの時間はのんびり彼岸ライフを楽しむのである。

*1 元々は七回だったが、七回全てで問題有りと判断されても、三回の追加審判があった。

1:

*2 秦広王・初江王・栄帝王・五官王・閻魔王・変成王・泰山王・等王・都市王・五道転輪王の十王。

2:

*3 トップが沢山いる時点で、組織としてどうなのか。

3:

*4 死人に口なし。

4: